寄付購入について

やっとお話しできる時が来ました。当店の新システム、寄付購入についてです。
実はスタッフ、保育補助非常勤を3年ほど前までやらせていただいてたんです。3、4年ほど勤めさせていただいた職場だったのでいまでも時折、あの頃に戻りたいと思うことがあります。
いい職場だった・・・
思い出話はさておき、そんな中で思ったんです。
「ぬりえ曼荼羅(マンダラ)ばっかじゃん!」
曼荼羅ぬりえって最近なんか、大人のぬりえとか、子ども向けでも販売されてるじゃないですか。あのすっごい目がちらちらしちゃうやつ。
子どものって、こう、もっとアバウトでステンドグラスみたいな感じのパーツの大きさなので塗りやすいといえば塗りやすいんです。
だけど、その柄がですよ。4種類あるかないかくらいで、子どもたちは毎日のようにボクに塗り上げたそのぬりえをわいわいと見せに来てくれてたんです。
たまに、某夢の国のキャラクターだとかがあったりするんですけど、誇らしげに塗り上げたものを持ってきた子のその紙には激しい争奪戦の跡があるんですよね、必ず。くちゃあっとしてたりちょっとやぶれてたりとか。
印刷してる枚数が少ないのか、わかりませんが・・・。
曼荼羅ぬりえのように細かい方がいろいろと育つところがあるのかもと思い言えずにいたのですが、ぜったいここに、普通の絵のぬりえがあったら、かわいいぬりえ、かっこいいぬりえがあったら!もっと子どもたちがぬりえを楽しんで、いろんなものを学んでくれる、美的センスを磨けるのでは!!?と思ってたんです。
だけどやっぱり、保育園ですと予算の関係もあったりで買えないじゃないですか。それに、コピーするのも気が引けたり。
やめるまでに何枚か書こうかと思ってたのですがかなわずじまい・・・。

そのままもやもやしたまま、ぬりえを作る意欲だけがのこってずるずる過ごしてた時に。


ボクのおばあちゃんがね、神経痛やら一過性の脳卒中でまともに動けなくなっちゃって、リハビリケアセンターにいくことになったんです。
そこでも、指の運動のため、頭の運動のためにとぬりえするんだと、おばあちゃんが塗ったものを子どもたちと変わらないくらいの誇らしい顔で見せてくれたんです。
10枚はあったんじゃないでしょうか。
ぜんぶ曼荼羅。大人のぬりえ。ぜんぶ。
やっと一枚、普通の絵のようなのをみつけたけれど・・・。
いまでも家に行くと必ず引っ張り出してきて見せてくれるんです。でも、ほんとに曼荼羅。
おばあちゃん言ってたんです。
「こんな絵ばっかりで、いくら運動とはいえつまんないわ・・・」
ボクは、じゃあボクが描こうかと言いたかったけれど、なんだかよくわからないものが詰まって、声になりませんでした。
そして、おばあちゃんはまたこんどはちっちゃい紙の束を取り出したんです。
「これ、あなたが落書きしてたでしょ。もったいなくて取っといてるの。これをこのあいだリハビリのとこへもっていったら、大騒ぎになったの。みんな、こんな絵が塗りたいって」
おばあちゃんの目の奥には、切実で、深い願いがしまい込まれていました。
それを聞いたとき、なんてボクはばかだったんだろう、もっと早く取り掛かればよかったのにと思いました。
それからボクたちスタッフは毎日毎日描き続けました。
ぬりえを届けるんだ!その一心でです。
おばあちゃんは回復したので、違うケアセンターに通い始めました。それでもまだおばあちゃんの顔が忘れられない。
だからこそ、急がなければならなかったし、描いていきながら自分の能力レベルの壁にもたくさんぶつかりながら、時間はかかってしまいましたがやっと出来上がる兆しが見えてきました。
しかし、そのころにある問題が立ちはだかったのです。

そう、販路です。

販路と、それからすこしでもいいから稼ぎをださねばならない。という問題。
無料で配布してもいいんじゃないかとおもったんです。でもそれって、たぶん自分がやってきたことへの侮辱じゃないかって思ったりとかして。
すっごい悩みました。
そこでみなさんに助けてもらおうと思い立ったんです。
無料で配るにしても売るにしても、ボクたちだけでは範囲が狭すぎます。
日本の総人口は約1.268億人。それだけの人の中の一部でも力を貸していただけたら、僕たちの知らない、それでも必要としている託児所や学童、保育園や幼稚園、老人ホームやリハビリセンターに届けられると思いました。
自分のお子さんが通っている、あるいは卒園した、もしくは務めている保育園や幼稚園、学童、自分のご両親や自分が働いている老人ホームなどなど・・・身近にあると思いますし、ちかくにもたくさんそういう施設はあります。
ですから、ちいさなさーかすてんと。は寄付購入をご提案させていただきます。
寄付したい場所にこちらから直接発送することも、ご自分で持っていかれるのであればそれも可能です。
希望がございましたら一筆代筆にて入れて送ることもできます。
いかがでしょうか?
熱意やなんかは伝わってるんじゃないかなーと思います。
なのでいい加減寄付購入の方法を説明させていただきます。
ながながとお話に付き合ってくださってありがとうございました。

1.ぬりえの商品ページでカートに入れる。
2.カートページに行って購入手続きを進めます。この時、配送先が購入者では
   ないを押して、お届けしたい施設の住所を入力していただいて、購入手続き
   を進めてください。(ご自分でお届けになる場合は普通に購入手続きをして
   ください)
3.(お済の方は4へ進んでください) 当サイトの絵柄の一覧をご覧いただいてお
  求めになる番号を記憶するか書き留める。
4.完了しましたら、ショップに質問する、または吹き出しが書いてある灰色
   のボタンかCONTACT、または当サイトのお問い合わせフォームからご注文
   時のお名前を明記の上必ず、「ぬりえ寄付購入」である旨をいれていただき
   (必ず寄付購入と入れてください)、 お名前とお選びいただいた5つの絵柄の
   アルファベットと数字を送信する。
5. あとはお支払いすんでない方は済ませていただいたら発送。
   ご自分でお届けになる方はこれから自分が渡す相手の反応を想像してドキ
   ドキわくわくして待つ。
   配送先を寄付購入先にした方は相手に届いたのを想像し、わくわくしなが
ら待つ。
6. ご自分でお持ちになる方は届いたらすぐに内容確認して、問題がなければお
   届けしていただいて任務完了!

購入の仕方は以上です。
わからないことがあればお気軽にご質問ください。
皆さんで手元を鮮やかに、お顔を笑顔でいっぱいにしていきましょう。
よろしくお願いいたします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です