〈旧ブログより〉塗り絵製作中(`・ω・´)

しばらく更新無かったですね・・・
申し訳ないです。
いろいろバタバタしておりまして・・・。

今ですね、前に塗り絵を作るという話をアルくんのツイッターでしてたのですが、やっといくつか描けました。
アルくんたちをモチーフにしたものと、オリジナルの2種類をそれぞれ20枚ほど出したいところですが、なかなか製作時間が取れなかったりしてなかなか思うように進まず。

皆様をお待たせしてしまっているので、1種類につき絵柄10種、先に出品させて頂こうということになりまして。
毎日黙々と構図を練ったり、線画を描いたりと作業を進めておりますので、皆様もうしばらくお待ちください。
絵柄は随時追加していく形になります。

それでなのですが、ここでちょっと、新しいことをしてみたいとおもってるんです。
初めてのことだし、正直、成り立つかなあというのはありますが、ま、とりあえずお話をさせて頂きます。

まあ、簡単に言うと、寄付してみませんか?ということです。
今回発売する塗り絵を、お客様にご購入して頂いて、そのまま送り先を寄付したい施設(例えば保育園、幼稚園、老人ホーム、学童、児童館など)の宛先に設定いただくか、もしくは自分で届けるよ、という場合はご自宅の住所にして頂いて完了、という形です。

ちょっと面白くないですか?

これを思いついたのは、リハビリセンターに週2回通っている自分の祖母の話を聞いた時でした。
祖母は、ボクが祖父母宅に居候していたときに、ボクが電話の隣に置いてあるメモ帳の何枚かに某お姫様やオリジナルのキャラクターなんぞをちょこっと描いて、吹き出しを描いてメモ帳に重ねておいたのを、もったいなくてとボクが一人暮らしを始めてからも、今でさえも大事に使わずにとっといてくれていました。

そして先日、祖父母の家に遊びに行ったとき、この落書きをしたメモを取ってあって、このあいだリハビリセンターにもっていって、利用者さんに見せたところ、その方々が口々に、

『かわいい!こういう絵のぬりえがしたい!!!』

と言ってくださったそうで。
というのも、リハビリセンターというのもあって、祖母もぬりえをして、いくつも持って帰ってきててそれを見せてもらったのですが、すべてが、ほとんどが、マンダラ塗り絵でした。
いわゆる、細かい描写のおとなの絵です。指先の運動のため、とはいえ、たしかに飽きてしまうし、もともとああいう絵柄が好きじゃないボクは、これじゃあ楽しくないのかもしれない。とおもいました。
実際祖母も言いにくかったのか直接は言いませんでしたが、絵を描いてほしい様子でした。

しかし、ボク達はそこで困りました。
いくら祖母とはいえ、ボク達は絵でこうやってお仕事もさせて頂いております。
たしかに、タダで描いてもいいとは思うのですが、お客様にも示しがつきませんし、業界の価格破壊につながる恐れもあります。
最初は無理だな、と思っていました。
ですが、ボク達はどうしても、おばあちゃんの顔が忘れられないのです。

そのころにはぬりえを販売することは決めていたので、少しずつ製作を進めていましたが、作業を進めるたびに気が重く、祖母の顔が頭から離れなくなっていきました。

そこで、ボク達は思いついたんです。
今回のこの企画を。

自分が通っていた学童や、保育園や幼稚園、自分のおじいちゃんやおばあちゃん、もしくはご両親、そして、自分の子どもが通っている場所に、ぬりえを寄付して頂く。
ボクは保育園で働いていた経験がありますが、やはりそこでも、かわいいキャラクターものは少なく、子どもむけのマンダラ塗り絵しかなかったのです。(そういえば、勤務中何度か塗り絵を描いてこようかなとも思いましたね・・・)

きっと、施設側も喜んでくださるのではないかと思います。
施設を運営する人だけではなく、そこの利用者さんのそこでの生活や時間が少しでも明るくなるのではないでしょうか。

そして、お客様自身も、手軽に、気軽に寄付が出来るなら、こんなにいいことはないんじゃないかな、そして、その手助けがボク達の絵でできるなら、こんなにうれしいものはないと、ロイくんとも話しました。

どうでしょうか?
寄付するしないは自由ですし、知らない福祉施設にも思い切って送ってみませんか?
もちろん、いきなり送っても怪しまれたら大変ですので、ちゃんとそこの対応はこれから詰めて行きたいと思います。

寄付の場合、ご購入後に寄付との一報いただければ、無料でメッセージをお付けすることもできるようにしたいとおもいます。
メッセージの内容は、お客様のご希望があればその文をご用意いただき、なければこちらで用意したものをお付けいたします。

ボク達としても思い切ったこと言うなーとは思いますが、もとは、人に笑顔をお届けし、それを広めたいとおもってやっています。
なので、今回、ぬりえ販売開始と共に活動を始めようと思っております。

もちろん、皆様個人でのお買い求めも大歓迎!!!!!ですので(そっちのほうが最初は多いと思います)、皆様のご来店、お待ちしております。

クラウンアル&クラウンロイ

ぬりえ販売開始です!!

皆様大変長らくお待たせいたしました、申し訳ない・・・!
このサイトのオープンを迎えた本日より、ぬりえの販売を開始させていただきます!!!
すっごくがんばった・・・!いまだかつてないくらい描いて描いて描きまくった・・・!!!
達成感を感じるスタッフ一同でした。
さて、ここで購入方法なのですが。
5枚セットを510円[税込]で販売させていただくのですが、今回なんと、柄を20種類用意させていただきましたーーーー!!!
BASEさんで一度に載せられるお写真が20枚までなんですよね・・・。なのでキリもいいので20種類。
第一弾として販売開始します商品がぬりえ『タイプA』になります。
今後もちょくちょく増やしていけたらいいなと思っていますので、楽しみにしていてください。
それで、商品ページにいつもみたいにぴゃーっと載せればいいかななんて思ってたんですが、なんとBASEさん、商品画像が保存できちゃうんですねー・・・。
だめです、昨今問題視されてる事案が起きてしまいます…(´;ω;`)
な・の・で、お手数をおかけしてしまうのは申し訳ないと思いながら、無断転載という名の誘拐を我が子同然の作品たちにされないためにも、別で一覧ページを作ることにいたしました。

なお、当然それは基本非公開なんで・・・。

まず、皆さんにはとりあえず商品画像にスタッフが塗った物をいくつか載せますので、直観と物欲だけでカートにおもむろに入れていただき、注文を完了してください。

そうしたら、事前に決めておいていただいた方はそのまま次の工程に行っていただき、まだ絵柄がお決まりでない方は当サイトのぬりえ【Aタイプ】というページの20種類ある絵柄のなかから5種類お選びいただき、メモを取るなどしていただきます。

次に、ほんとうにお手数おかけして申し訳ないのですが、ウェブ版ショップからなら斜め右下にでてる灰色の吹き出しマークが書いてあるボタンを押して(CONTACTでもいいですが吹き出しマークの方がおそらくお返事早いです)、アプリからならショップに質問、当サイトからならお問い合わせというところからメッセージで注文した際の名前を名乗っていただいたうえで「ぬりえ購入しました」的なことをまず書いていただいて、お名前と、決めていただいたぬりえのアルファベットと番号を5つ書いて送ってください。

これであとは入金がお済みでない方は入金していただいて、お伝えいただきました番号の絵柄を発送、という流れにさせていただきました。

おわかりいただけただろうか?

複雑でめんどくさい感じになってしまってすいません!
こんなかんじです。↓

1.ぬりえの商品ページでカートに入れる。
2.カートページに行って注文を済ませる。
3. (決まっている方は4へ進んでください)絵柄の一覧をご覧いただいてお求め
  になる番号を記憶するか書き留める。
4. ショップに質問する、または吹き出しが書いてある灰色のボタンか、
   CONTACT、または当サイトのお問い合わせからご注文時のお名前を明記の
  上、 お客様のお名前と決めていただいたぬりえのアルファベットと数字を
  送信する。
5.あとはお支払いすんでない方は済ませていただいて発送&ご希望の絵柄が
  届くのをわくわくしながら待 つ。
6. 届いたらすぐに内容確認して、問題がなければ任務完了!

もし、違う絵柄が入っていたり、困ったことがあったら怒りを鎮めていったん落ち着いてから当店にご連絡ください。
それと、もし、寄付購入や選べない!とかどれでもいいなって方は、手順5のところで『お任せで』と送ってください。こちらで独断と偏見とくじ運だけで選んで送らせていただきます。
ちょっと面倒かもしれませんが皆が楽しく気持ちよく利用できるようにしていきたいのでご理解、ご協力のほど、よろしくおねがいいたします。
さらっと言った寄付購入については別にまとめておいてあるので、寄付購入を考えている方は必ず一度ご覧になってください。

寄付購入について

やっとお話しできる時が来ました。当店の新システム、寄付購入についてです。
実はスタッフ、保育補助非常勤を3年ほど前までやらせていただいてたんです。3、4年ほど勤めさせていただいた職場だったのでいまでも時折、あの頃に戻りたいと思うことがあります。
いい職場だった・・・
思い出話はさておき、そんな中で思ったんです。
「ぬりえ曼荼羅(マンダラ)ばっかじゃん!」
曼荼羅ぬりえって最近なんか、大人のぬりえとか、子ども向けでも販売されてるじゃないですか。あのすっごい目がちらちらしちゃうやつ。
子どものって、こう、もっとアバウトでステンドグラスみたいな感じのパーツの大きさなので塗りやすいといえば塗りやすいんです。
だけど、その柄がですよ。4種類あるかないかくらいで、子どもたちは毎日のようにボクに塗り上げたそのぬりえをわいわいと見せに来てくれてたんです。
たまに、某夢の国のキャラクターだとかがあったりするんですけど、誇らしげに塗り上げたものを持ってきた子のその紙には激しい争奪戦の跡があるんですよね、必ず。くちゃあっとしてたりちょっとやぶれてたりとか。
印刷してる枚数が少ないのか、わかりませんが・・・。
曼荼羅ぬりえのように細かい方がいろいろと育つところがあるのかもと思い言えずにいたのですが、ぜったいここに、普通の絵のぬりえがあったら、かわいいぬりえ、かっこいいぬりえがあったら!もっと子どもたちがぬりえを楽しんで、いろんなものを学んでくれる、美的センスを磨けるのでは!!?と思ってたんです。
だけどやっぱり、保育園ですと予算の関係もあったりで買えないじゃないですか。それに、コピーするのも気が引けたり。
やめるまでに何枚か書こうかと思ってたのですがかなわずじまい・・・。

そのままもやもやしたまま、ぬりえを作る意欲だけがのこってずるずる過ごしてた時に。


ボクのおばあちゃんがね、神経痛やら一過性の脳卒中でまともに動けなくなっちゃって、リハビリケアセンターにいくことになったんです。
そこでも、指の運動のため、頭の運動のためにとぬりえするんだと、おばあちゃんが塗ったものを子どもたちと変わらないくらいの誇らしい顔で見せてくれたんです。
10枚はあったんじゃないでしょうか。
ぜんぶ曼荼羅。大人のぬりえ。ぜんぶ。
やっと一枚、普通の絵のようなのをみつけたけれど・・・。
いまでも家に行くと必ず引っ張り出してきて見せてくれるんです。でも、ほんとに曼荼羅。
おばあちゃん言ってたんです。
「こんな絵ばっかりで、いくら運動とはいえつまんないわ・・・」
ボクは、じゃあボクが描こうかと言いたかったけれど、なんだかよくわからないものが詰まって、声になりませんでした。
そして、おばあちゃんはまたこんどはちっちゃい紙の束を取り出したんです。
「これ、あなたが落書きしてたでしょ。もったいなくて取っといてるの。これをこのあいだリハビリのとこへもっていったら、大騒ぎになったの。みんな、こんな絵が塗りたいって」
おばあちゃんの目の奥には、切実で、深い願いがしまい込まれていました。
それを聞いたとき、なんてボクはばかだったんだろう、もっと早く取り掛かればよかったのにと思いました。
それからボクたちスタッフは毎日毎日描き続けました。
ぬりえを届けるんだ!その一心でです。
おばあちゃんは回復したので、違うケアセンターに通い始めました。それでもまだおばあちゃんの顔が忘れられない。
だからこそ、急がなければならなかったし、描いていきながら自分の能力レベルの壁にもたくさんぶつかりながら、時間はかかってしまいましたがやっと出来上がる兆しが見えてきました。
しかし、そのころにある問題が立ちはだかったのです。

そう、販路です。

販路と、それからすこしでもいいから稼ぎをださねばならない。という問題。
無料で配布してもいいんじゃないかとおもったんです。でもそれって、たぶん自分がやってきたことへの侮辱じゃないかって思ったりとかして。
すっごい悩みました。
そこでみなさんに助けてもらおうと思い立ったんです。
無料で配るにしても売るにしても、ボクたちだけでは範囲が狭すぎます。
日本の総人口は約1.268億人。それだけの人の中の一部でも力を貸していただけたら、僕たちの知らない、それでも必要としている託児所や学童、保育園や幼稚園、老人ホームやリハビリセンターに届けられると思いました。
自分のお子さんが通っている、あるいは卒園した、もしくは務めている保育園や幼稚園、学童、自分のご両親や自分が働いている老人ホームなどなど・・・身近にあると思いますし、ちかくにもたくさんそういう施設はあります。
ですから、ちいさなさーかすてんと。は寄付購入をご提案させていただきます。
寄付したい場所にこちらから直接発送することも、ご自分で持っていかれるのであればそれも可能です。
希望がございましたら一筆代筆にて入れて送ることもできます。
いかがでしょうか?
熱意やなんかは伝わってるんじゃないかなーと思います。
なのでいい加減寄付購入の方法を説明させていただきます。
ながながとお話に付き合ってくださってありがとうございました。

1.ぬりえの商品ページでカートに入れる。
2.カートページに行って購入手続きを進めます。この時、配送先が購入者では
   ないを押して、お届けしたい施設の住所を入力していただいて、購入手続き
   を進めてください。(ご自分でお届けになる場合は普通に購入手続きをして
   ください)
3.(お済の方は4へ進んでください) 当サイトの絵柄の一覧をご覧いただいてお
  求めになる番号を記憶するか書き留める。
4.完了しましたら、ショップに質問する、または吹き出しが書いてある灰色
   のボタンかCONTACT、または当サイトのお問い合わせフォームからご注文
   時のお名前を明記の上必ず、「ぬりえ寄付購入」である旨をいれていただき
   (必ず寄付購入と入れてください)、 お名前とお選びいただいた5つの絵柄の
   アルファベットと数字を送信する。
5. あとはお支払いすんでない方は済ませていただいたら発送。
   ご自分でお届けになる方はこれから自分が渡す相手の反応を想像してドキ
   ドキわくわくして待つ。
   配送先を寄付購入先にした方は相手に届いたのを想像し、わくわくしなが
ら待つ。
6. ご自分でお持ちになる方は届いたらすぐに内容確認して、問題がなければお
   届けしていただいて任務完了!

購入の仕方は以上です。
わからないことがあればお気軽にご質問ください。
皆さんで手元を鮮やかに、お顔を笑顔でいっぱいにしていきましょう。
よろしくお願いいたします!

〈旧ブログより〉
ぬりえ販売について

連投ですが
ぬりえ販売もホームページ開設と同時に始めていきますので、ホームページのブログにまとめてあるぬりえ販売のことや寄付購入のことを必ずご一読いただいてからご購入いただければと思います。

通常の購入とちょっと違うので。

よろしくお願いいたします!

関連記事↓

ぬりえ販売開始!!

寄付購入について